2015年08月12日

世界の一流品と日本の製品

世界の一流品といわれるブランドメーカーの商品やものづくりは、自分たちの商品はこの様に作りたい。またこうあるべき、とした商品コンセプトをしっかり持っている。
また、新作に関してもそのデビュー待っている顧客を常に意識している様に思う。

私は、スイスのバーゼルをはじめとする高級装飾品の発表の場や、欧州での制作の現場を実際に見る機会を持ってみると、日本製品に、どうしても疑問を持たざるをえないのだ。

100年以上前の海外で開かれた万国博覧会で紹介された、日本の工芸の気迫はどこに行ったのだろうか。
それらの工芸はデザインはともあれ、技術は世界の人達を驚かした。前にも書いたように海外の有名な工芸家や画家に影響を与え、欧州でジャポニズムを生んだ。その当時の日本の工芸家や職人達は、今まで自分たちの装飾や技術を認め対価を払って制作品を求めてくれていた、大名や元禄の時代の商人達が、幕府が倒れ時代の変化から、今までの仕事先を失って、相手が見えないながら日本の政府の意向もあり海外に販路を広げるために、海外の万国博覧会に活路を見出そうとしたのである。
その事は輪島のような地方の小さな町にもその足跡が残っている。

その様な時の出品は、顧客が見えないので、技術の粋を尽くした作品や、とりあえずわざを見て欲しいという出展であった。だから名工や工芸家として名の通った名品もあったが、デザインと技のバランスの良くない物もあった。

何を言おうとしているかというと、相手が見えず制作された物には何処か違和感のある制作になってしまうものであり、制作物にその技を使う根拠さえ見失って、その技だけが独り歩きしてしまう事もあるのだ。

どうもこの頃の日本のメーカーの世界市場を狙った製品に、そんな傾向を見る。しかもその技自体が?なのだ。
しかも、エンドユーザーと向き合うのではなく、売ってくれる販売業者を意識しすぎている様に思う。
その点、世界の名品を生み出しているブランドや工房の制作には、自分達の制作品を待っているエンドユーザーや、その人達と繋がっていて、自分達のものづくりの良さを十分理解しているバイヤーと向き合った仕事をしている。
また、現在の日本の仲介業者の見極めの甘さや認知度の低さもものづくりの現場を狂わしている。
そんな事を警告する人がいるのだろうか。もしもそんな声が聞こえてきても、修正できないほど制作の現場とマーケッティングのバランスが崩れているのだと思う。それが日本の大手のメーカーの製品にも感じられる。

次回から伝統工芸に戻って書く事にする。
posted by 漆ネット at 23:50| Comment(0) | 職人 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

「輪島塗の産地から漆万年筆 新発売」 <6>他国の万年筆と比較して

AP社の蒔絵万年筆の事を書きましたので、その万年筆を紹介します。
インドは欧州とのつながりが昔からあり、Penに関しても歴史があります。欧州市場を意識していますので、当然日本の蒔絵技術に関しても魅力を感じていたはずです。
これらの蒔絵は、ヒンドゥー教の神 ガネーシャなどを描いたもので、蒔絵としては技術もですが、AP社のロシアのカラフルなデザイン色調に挑戦させた力作です。(個人的には好みではないが)
pen-ap.jpg

だが、これは日本の蒔絵装飾を全面に出したものですが、明らかにインドの万年筆です。

このように、蒔絵はプロデュースによって色々な表現ができるのです。何故日本のメーカーは日本ならではの蒔絵装飾技術を、現代の日本文化やデザインと融合させ伝統技術を進化させた、こころときめく素敵な万年筆を作れないのでしょうか。
そこが、筆記具メーカーだけではなく、時計メーカーや電気メーカーをはじめとする日本のものづくりを危うくしているところではないか。

(続く)
posted by 漆ネット at 06:02| Comment(0) | 職人 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

「輪島塗の産地から漆万年筆 新発売」 <5>日本のメーカー奮起を

今までは、そんな蒔絵や漆芸装飾が漆器の分野では発揮しにくくなった現代において製品に取り入れてもらえているP社やS社のメーカーには感謝していた。
だが、海外の展示会に出展したりバイヤーに会って直接世界のメーカーの
高級万年筆の事を教えてもらった頃から、考え方が変わった。ファンでもあった
N万年筆の最近を見ても、心がときめかないのである。

カランダッシュや海外の万年筆デザインを間近に見せてもらい、カルティエのプロデューサーに出会いお話を聞いたり、ルーブルの修理修復の技術を教えているエコールブール
フランス大使館での紹介ページ
http://www.ecole-boulle.org/の現場を見たり、スイスの時計工房の技を目の当たりにして、世界のものづくりと日本のものづくりコンセプトの違いはどこから来ているのかなど、考えさせられる機会を得て、色々な事が見えてきた。
それは、ものづくりに大きく影響をしている。海外のモノづくりは互いに刺激し合っているが、日本のメーカーのそれには、乖離さえ感じるのは私だけであろうか。

残念ながら、ペンメーカーの装飾には期待を抱くから逆にがっかりする。そこには日本らしいが本当の「日本のものづくり」を感じない。
だから今までは万年筆装飾には興味がありながら、関わろうとしていなかった。

だがインドのAP社やアメリカの新興メーカーの蒔絵万年筆を見つけてから、俄然メラメラと万年筆の装飾に関して、メッセージを出すことにした。

日本の文化の源は、琳派の時代を見ても判るように工芸や美術はその時代の文化と密接に繋がっていた。情報を得やすい世界とも繋がっている時代でありながら、現代の日本のモノづくりに関しては、お粗末さを感じる。とくに工芸装飾に関しては技術や伝統に囚われすぎているのではないだろうか。はたして時代が違うと言い切れるだろうか。

アップルのモノづくりに触れてみたが、このグローバルの時代ならではの製品作りである。
日本のメーカーはもう一度原点に立ち返りものづくりを考えてほしい。日本ならではの技や装飾技術を活かすのならば、「日本人のものづくりを見てくれ」と自信を持って言えるものづくりをしてほしい。
日本のDNAを感じる、現代に昇華したデザイン、こころときめく素敵なモノを作って欲しい。それは単に一時代の美術を取って付けるのではなく、現代の日本や目指す理念を感じるようなものづくりを作り出して欲しい。

(続く)

普段ヘッドルーペの仕事の中で、色々な技やアイデアが工房の中で湧いてきます。
そんな意外な装飾をスマホカバーで楽しんでいます。
かたい話の合間に肩をほぐしてください。
posted by 漆ネット at 09:34| Comment(0) | 職人 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

「輪島塗の産地から漆万年筆 新発売」 <4>世界の万年筆と日本の蒔絵万年筆

「輪島塗の産地から漆万年筆 新発売」 <3>世界の万年筆と日本の蒔絵万年筆

万年筆を漆や蒔絵で飾ろうとした松田権六氏は、世界に漆器を使ってもらえないかもしれないが、印鑑ではなくPenでサインをする世界では、万年筆こそ漆芸の技や装飾の良いステージだと考えたのではないかと推測する。

だが、日本の現状を見ると、世界の会社や宝飾などのブランドとはどうも異質なように感じるのは、私だけではなく世界の高級品を扱っているバイヤーからも聞こえてくることなのです。

1010をご存知の方は、日本の装飾万年筆と比べてどう思われるだろうか。
蒔絵万年筆の多くの装飾は、流通を考えた量産の品は別として、日本の美術や古典を使っているが、消化しきれていないデザインが多く、とりあえずは緻密な技を魅せようとしたものなど、色々な万年筆が作り出されている。

ものづくりには、プロデュースが必要で、過去の名品や素敵なものが作り出されたのは、良いプロデューサーがいたからである。Caran d'AcheやCartierがつくれるPenを日本のメーカーは何故作れないのだろうか?

蒔絵のファンとして残念に思うと漏らされたパリのお店のオーナーの声が耳に残る。
また、今密かに、海外から日本の漆芸装飾を使った色々な商品企画が持ち込まれようとしていることを、日本のメーカーは気づいているはずだけれど・・・・。

(続く)
posted by 漆ネット at 15:21| Comment(0) | 職人 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

「輪島塗の産地から漆万年筆 新発売」 <2>輪島漆器産地の技術は如何にして高められたか

前回に続き、歴史を紐解きながら、輪島漆器産地の技術は如何にして高められたかという事を考えてみた。

輪島は、古くから『廻船式目』に書かれている様に、日本の十大港湾都市であった。

その繁栄は、大きな商人がいたわけでもなく、地道に塗物を商いする小規模の工房塗師達の
努力と勇気がもたらしたものであったと推測する。
明治38年の町の地図が有り、そこには各家の職業が書かれた市勢が読めるめずらしい地図には
漆器関係する家が本当に多く占められているのだ。我が工房のように小さいながら、
江戸時代に、江差や小樽との交流が古書に記されている事が興味深い。

他の漆器産地形成の歴史を読むと、やはりそれぞれ基盤によって違いが見える。

輪島は、直販での営業が主であった為に、江戸から明治の時代の変化や
財閥解体などによる影響をまともに受けなかった事が幸いし、
明治大正頃から戦争の混乱期になるまで、漆の仕事はそれなりにあった。
それは、輪島の産地の加飾の技術である蒔絵や沈金の技術がその時代に
かなり高められていた事が記録されている事からも産地として単価の高い
高級漆器としての仕事の受注があった事が判る。
一般漆器から高級漆器の受注が出来る様になったのは、筆者は独自の推測を
もっているが、その件に関しは別の所で書いているので、ここでは略します。



万年筆を敢えて、輪島塗の産地から創り出す。という
本題に入るまで、少し長くなりますが、何とぞお付き合いください。

(続く)

posted by 漆ネット at 15:15| Comment(0) | 職人 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。