2009年12月16日

職人の仕事場の映像




このブログをごらん頂いているみなさまに、私の普段の仕事場の風景を映像でごらんいただきたいと思います。

漆芸の技術で「蒔絵」は、金粉を蒔いて絵を描く事が語源とされています。

この映像は、蒔絵の作業で、粉入れ作業前の「地塗り」というシーンです。
金粉を蒔くために、絵漆(朱合漆)で薄く模様を描いています。そこの金粉を筒に入れて、指でたたき微妙なたたき具合で、淡く蒔いたり濃く蒔いたり変化をつけて蒔く。
専門的な言葉や用語を使いましたが、より詳しい技法解説に関しては漆ネットhttp://urushi-net.jp の中に蒔絵技法を解説しているところがありますので参照してください。


posted by 漆ネット at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。