2009年12月15日

スイス チューリッヒの街で見かけたドア デザイン

t-40.jpg

t-42.jpg


スイス チューリッヒの川沿い近くの、少し寂れた商店通りのドアです。個性的なデザインで、隣同士であっても、それなりに個性を出している。パリなどの旧市街地の規制ある雰囲気とは違い、かなり自由があり、街歩きしても結構ショーウィンドウなどの見せ方も面白く楽しめます。
この写真は、皆さん気がつかれたかもしれませんが、ドアのノブがセンターにあるのです。私が知らないのかも知れませんが、日本では見た事無いです。動線を考えると押す位置から考えると、これは有だとも思うのですが、はたして内側のノブの位置は?

蒔絵職人は、こんな風にドアや、透かしの飾りのデザインなどにも、ついシャッターを押してしまいます。
今後も、職人が見たもの、考える事など色々書き連ねていきますので、ご興味がある方ごらんになってください。


posted by 漆ネット at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。