2009年12月14日

職人 パリ凱旋門に立っ

p-13.jpg


これは、漆の蒔絵職人が、パリやスイス、ドイツ と出かける機会を持ち、新たな可能性をつかみ、色々な取組みにチャレンジする記録と日々の思いを連ねていく日記です。
時々、普段見ることが少ないであろう漆芸の仕事の映像も掲載しますので、ご期待下さい。

まずは、パリ凱旋門は世界に繋がるといいますので、今年5月にパリに行った時に凱旋門を写した写真を、第一回の投稿に添えます。
posted by 漆ネット at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。